• home
  • お知らせ
  • 金太郎
  • 美女丸
  • 住職のお話
  • 供養

境内の御案内

金堂・毘沙門堂

金堂・毘沙門堂

毘沙門堂の額

川村驥山(1882~1969)による揮毫

毘沙門堂
川村驥山は、明治15年に静岡県袋井の油山寺山門前に生まれ、漢学者の父、東江から、3歳より「書(しょ)」や中国の孔子が孝行の大切さを説いた「孝経(こうきょう)」などの中国の古典を学び、5歳のときには「孝経」2千字全文を暗記して書くことができた。 12歳のとき明治天皇、皇后の銀婚式の祝いに書を献上、神童と賞賛される。 後、書家として活躍。戦後、書道界初の日本芸術院賞を受賞する。 空海と良寛を慕い、一人の書家として「心をいかに書に表わすか」を求めて、明治、大正、昭和の激動の時代を、ひたすら書を愛し、自然を愛し、自由を愛し、ひとすじの清流のように生きた人です。Wikipedia「川村驥山」